今乗っている車にも大変愛着があるのですが・・・

今乗っている車にも大変愛着があるのですが・・・

今乗っている車にも大変愛着があるのですが、このたび家族が増えまして、我が家でも思い切って車を買い換えようという話になりました。その時のことですが、一社だけ相手にすると相場がわからないと思い、いくつかの会社に査定を頼み、その中から、結果的に一番大きな金額を提示してくれた業者に売却を頼みました。

冬季走行用にスタッドレスタイヤを所持していて、これをつけておいたらもしかしたらその分査定がよくなって金額が上がるかも知れないと期待もしましたが、結果としては大して変わらなかったです。だいぶ走り込んでて、あまりいい状態ではなかったらしく、値段はつきませんでした。

無料でで引き取って貰えたので、自分で処分せずに済みましたが、スタッドレスタイヤの状態が、とても良いものであった場合だと車といっしょにしないで、タイヤだけで売った方がよりお得らしいですね。自分の車を買取に出す際には、一社だけでなく複数の業者の査定をうけるのが鉄則ですが、いざ業者を決めた後、他の業者にはなんていって断ればカドが立たないか迷う人もいるでしょう。しかし、これは簡単なことで、他の業者で買取が決まったと正直に言えばそれでいいのです。業者名や買取額を具体的に言ってもいいと思っております。


もしも、その都度断りを入れるのが億劫だという方は、同時査定を利用して手間を省くこともできます。車査定をうけるのに一番良い時期はいつでしょうか。


一般的には3月が良いと言われています。

なぜ、3月がおススメでしょうかか?それは生活環境の変化によって4月は中古車の需要が急増しますから、一年の内で、中古車市場が一番動くためです。ほしい人が増えるという事ですから、見積もりも多少は高くなる傾向にあります。自動車税の問題もありますので、いずれにしても3月中に査定も売却も終わらせてしまうというのが最善だと言えます。


査定額についてですが、人気の高い車種は買取を業者に頼んだ場合、高く買い取ってくれることが多いです。

車種ですと、トヨタのプリウス、ホンダのN−BOXや日産のセレナなどは買取でも人気のある車種です。

ところが、買った時には人気のある車種だったとしても、査定の段階で既に、人気が落ちているような場合、反対に高額買取は見込めないでしょう。
中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂をオトモダチから聞いた事があります。



一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。
判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、現在と取引後の価格に違い(減額)があるのかどうか、加えて、どのような理由から減額するに至ったかによって相手に求められる対応は変わることになります。どのような理由でも、納得ができないという場合には車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。愛車が幾らで売れるのか、しりたいと考えた時には、車査定をおススメします。中古車買取業者の中には、面倒な車のもち込みをせずに、業者が自宅で査定を行ってくれるところもあります。また、査定場所を指定出来るため、自宅以外にも足を運んで査定を引きうけている事もあるんですよ。
例えば、修理工場で査定をうければ、多くの手間を省くことが出来るのですね。
とはいえ、査定額に満足するかはご自身の判断ですので、納得できなければ無理に話を進める必要はないわけです。車を売った時、お金が振り込まれるまでどのくらいかかるか、気になる人もいるでしょう。残されたローンの手続きを行ったり、再度車を精査し、全てチェックできているかのしっかりと確認する時間が必要なため、普通は、買取契約にサインをした翌日からあらかた1週間くらいで入金されることが多いようです。

車の買取サービスは、基本的に手数料は無料です。



もっとも、売主が負担するべき出費はあって、例えば車の名義変更をするのに売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますよねから、買主は代行手数料という形で支払います。払うくらいなら自分でするという人もいますが、新しい所有者が揃える書類(車庫証明等)も必要ですし、おたがいに予定の調整や連絡が煩雑になることから、結局は依頼する人が多いです。

代行手数料は買取価格から差し引く形が多いようです。そうでないときは、契約後に別途支払うこともあります。


定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してちょうだい。


それと、あまり大きな額ではないのですが、売却時には「印鑑証明」「住民票」が欠かせませんので、その費用がだいたい600円前後かかります。まれに戸籍の附表が必要なときは、別途取得費がかかります。事故車などのようにいわゆる「理由あり」の車を買取に出していいものかどうか迷うこともあると思っております。買い換えるのが新車だと決定していれば新車を買うディーラーへ下取りの相談もいっしょにした方が一番確実におこなえるでしょう。
買い取ってもらうのが車買取業者の時には普通の買取と共通で、年式であったり、走行距離であったり、部品状況であったりで価格が決まってきます。



現在も取りあつかわれている型で、部品もすべて純正品ならば比較的高額で買い取りが成立します。知人に聞いて「いいよ」と教えてもらったので、無料の出張査定サービスを呼んで車の売却をした経験があり、その時のことなのですが、査定人のプロの技に大変感銘をうけました。作業手順のしっかりしたマニュアルがあるのでしょうか、とても細かく丁寧に診断をしていくのですが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思っております。


ドアのところに小さな古い傷があったのですが、自分では今まで気づかずにいました。やはりプロは違いますね。ですが、そんなに大聞く減点されなかったので助かりました。


関連記事

Copyright (c) 2014 15万キロの車は売れる?! All rights reserved.